« 昨日の夕方 | トップページ | 今朝の散歩から »

2016年2月10日 (水)

<番外編> 酒と星

今朝、長野県の信濃大町からクール便が届いた。

P2101415

その中身はというと

P2101418

720mlの日本酒が2本。

このうち今回のお目当ては左側の「初午寒搾り」で、シールに平成28年2月6日上槽

とあるように、毎年2月最初の午の日のみの限定出荷という信濃の地酒なのです。

まあ日本酒のボジョレーみたいなものかな。

P2101421

P2101422

箱の中からは瓶を包んだ信濃毎日と大糸タイムスが出てきて

ますます雰囲気が盛り上がり、夜に開栓するのが待ち遠しい!

P2101423

もう長い付き合いの酒屋さんなので、今の大町の写真を手紙付で同封してくれている。

こうした心遣いがまた嬉しい。

そして夜。 たまらなく美味しい。。。 極楽です(笑)

さて、ほろ酔い気分でスケールの大きな話

P1020030b1_2

これはみなさまもご存知のオリオン座。

左上の赤い星がベテルギウスと名付けられた一等星なのですが

今まさに、この星の寿命が尽きようとしているのをご存知でしょうか?

直近の観測データによるとベテルギウスの形が球体が崩れ、果物のデコポンのように

球の上に大きなコブが膨れ上がっていて、いつ超新星爆発が起きても不思議でない

状態になっているようです。

かつて天体小僧だった私は、それはまだ遠い将来の事と思っていたけれど

もしかすると私が生きているうちに起きるかもしれない。

ベテルギウスは宇宙規模でいうと極めて地球に近い場所の恒星であるため

もしもその時がきたら、かつてない天体ショーが繰り広げられることになり、

爆発から3ヶ月間は月の100倍の明るさになるから夜も明るい状態が続きます。

いちばん心配だったのは、超新星爆発の際、その星の回転軸の5%以内の方角に

膨大なガンマ線が飛び散るため、その範囲内に地球があるとオゾン層が全て破壊され

人類は絶滅の危機だったのですが、観測の結果、、、

安心してください、入ってませんからっ!

地球の位置はベテルギウスの回転軸から20%の所に位置していました。

これは奇跡的と言ってもよく、危うく21世紀で人類の歴史が終わるところでしたね。

もしかすると数年後に見られるかもしれません。

|

« 昨日の夕方 | トップページ | 今朝の散歩から »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387962/63887368

この記事へのトラックバック一覧です: <番外編> 酒と星:

« 昨日の夕方 | トップページ | 今朝の散歩から »