« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月29日 (金)

今回の湘南いぬ親会は欠席します

欠かさず毎回出席していた湘南いぬ親会だったので残念だけれど

今回は他に前から予定していた事があるため欠席です。

いつものように参加ワンコの動画を作る楽しみも無くなってしまうし、、、

みなさんのブログがアップされるのを楽しみに待つことにしよう。

さて、こなつのこんな缶バッジができた。

Pb251751

こなつのドッグフードを近所のPETONというショップで買っているのだが

そのポイントが貯まって、散歩バッグと缶バッジをプレゼントされた。

Pb291752

今日も快晴、 こなつは元気!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月28日 (木)

笑顔

旅先で、こなつの笑顔の写真がたくさん撮れていた。

Img_5078

これは北軽井沢リーオの食堂での笑顔全開

Img_5089

本当に嬉しそうに見える

Img_5002

これは初日の湯川ふるさと公園

Img_4951

ドッグランで走っているときも笑顔になっている。

Img_5088

何がそんなに楽しいの? と尋ねたら、きっと、、、

「アッ君と一緒に居るからに決まってるじゃない!」と答えが返ってくるだろう。

/

 < 人間編 >

Img_5136

何処に行っても人気者のアッ君。

一緒に写させてください、と近寄ってきた女の子も笑顔。

Img_4986

最後に私も、、、(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

二日目も快晴

ホテルをチェックアウトした後、この日は買い物がメインの予定だったので

中軽井沢に向かって走ったのだが、途中で絶景ポイントを発見。

Pb241643

浅間山がこんなに奇麗に見えた。

我々の世代だと浅間山と言えば、連合赤軍の浅間山荘事件を思い浮べるだろう。

40年も昔の話だけどTV中継の映像は今でも覚えているほど衝撃的だった。

が、この日の浅間山はそんな事とは無関係に雄大で美しい。

Pb241652

我々もこなつと一緒に写真に撮ってもらうことにした。 アッ君パパさん撮影。

後ろに池が見えていて、そこは氷が張っているのだが、、、

Pb241656

その氷の下には金魚が泳いでいた! 凄いね。

しかしここで時間を無駄にすることは出来ないので

Pb241665

急いで車に戻って、目指せTSURUYA!  

何のことかって?(笑)      その答えはコチラ↓

Pb241666

ここは観光客に大人気のスーパー・ツルヤだ。  この日は全品3%引き!

良い物も、ツルヤオリジナルも安く売ってるし、品揃えも素晴らしい。

例えば、、(って、私の嗜好品のお酒売り場だが)

Pb241668

チリ・ワインが299円から!  ワ~ォ、、と声が出そう。。。

Pb241669

フランスワインだってこの通りだし、、、

Pb241670

ボジョレーもやっぱり安いっ!

ママ達も恐らくあれやこれやタップリ買い込んだと思うが、別行動だったので分からない。

私も自宅用にワインを5本、、、でも299円はちょっと怖いからやめた(笑)。

ここに来る途中、この後ランチを食べる予定のハルニレテラスの前を通ったら

既に車が沢山駐車していたのが気になった。  なので

駐車場が満車にならないうちに移動しようということになり、、、再び出発。

Pb241673

Pb241677

ハルニレテラスは早くもクリスマスの飾り付けになっていてママ達は嬉しそう。

この日のランチは、ここの中の蕎麦処「川上庵」に決めていた。

Pb241694

本日のおすすめメニュー   ここのテラス席はワンコ連れOKだ。

Pb241696

貝に目が無い私は、牡蠣天せいろ

Pb241705

やや観光地価格のような感はあるが、蕎麦はとても美味しい。

Pb241703

ママは鴨南蛮。 そしてここでもデザートは欠かさない。

Pb241706

普通の蕎麦団子ではあるが、胡桃のタレが格別。

Pb241711

そして買い物の最後はここのスモークサーモン。

初日に行ったイタリアン「プリモピアット」の姉妹店だ。 そのとき食べたサーモンが

美味しかったので、ここで是非買って帰りたいと思ってた。

サーモンの種類だけでも、信州産・タスマニア産・スコットランド産と選べるが

選ぶというより味比べしたくなるから、結局は高い買い物になる、、、。

Pb241707

Pb241709

我々はここから今度は清里に向かった。 千曲川沿いに走ること約1時間。

Pb241718

旅の締めくくりは、清泉寮のソフトクリームを食べて帰ることになった。

Pb241740

ここもワンコ連れが多くて

Pb241741

アッ君のバーニーズ仲間のマナちゃんにバッタリ遭遇。

ハルニレから清里までの様子を2分の短編に収めたので宜しければどうぞ!

そして3時に清里を出て、中央高速を通って帰ってきた。

その車中、こなつは疲れたと見えて、、、

Pb241745

こんな感じで爆睡。 こんな姿もかわいい!

というわけで、リベンジ軽井沢は大成功だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月26日 (火)

軽井沢続編 ~北軽井沢RIOにて~

初日の予定を余すところ無くすべて終え、ホテルに向かった。

Pb241639

ここは、北軽井沢RIO ワンコ連れの旅行者に人気のホテルで、今年の9月の

軽井沢1回目のときには満室で予約が出来なかったような記憶がある。

駐車場に着くとスタッフが外まで出迎えてくれたり、荷物運びも手伝ってくれたりと

おもてなしぶりもなかなか。

Pb231540

我々はスタンダードルームBに宿泊。 窓の外を見ると自然が溢れている。

Pb231545

見えている所は全部ホテルの敷地。 建物の周りはドッグランになっている。

さっそく、こなつを連れてドッグランに向かったら弾けるように走っていた。

Pb231555

Pb231562

ドッグランは一面チップウッドが敷き詰められていて、ワンコへの負担も少ない。

こなつ1頭だけではつまらなそうだなとは思ったが、、、

Pb231566

しばらくするとアッ君もやってきた。

Pb231563

こういう風景を見ていると鎌倉の山とはまた違った趣がある。

そうこうしているうちに、すぐに夕食の時間だ。

Pb231584

テーブルはもちろんアッ君ファミリーと一緒。

Pb231591

先ずはワインで乾杯~! 前菜・パスタ・魚料理・肉料理・デザート、、、と進む。

Pb231589

温製サーモンマリネと秋の根菜

Pb231593

スペアリブのラグーパスタ

Pb231594

白身魚のポアレ きのこソース

Pb231602

肉料理は、この鴨のローストと、1500円?追加で牛フィレステーキもあったので

一つずつ注文してママと半分こ。

Pb231600

肉はどちらもとても美味しかった。  ワインが進む(笑)

Pb231606

ドライフルーツのコンポート

Pb231599

こなつは大人しくテーブルの下で待っていた。

実はこなつは先に、部屋に運んで頂いたワンコ用ご飯を食べているからね。

Pb231577

これだ。  ワンコ用ケーキと牛肉とヤギミルク

Pb231583

もちろん良く食べる。

なのでレストランではちょっとアッ君に絡んだ程度で、その後は我々の食べている物を

欲しがりもせず大人しく待っていることができたのだ。

我々の隣の席を見ると、、、

Pb231605

チワワの2頭連れがバースデーケーキを夢中で食べていた。

こんなメニューもあるらしい。

こうして充実の1日目が終わり、9時半には眠りに落ち、朝までタップリの睡眠だ。

そして朝、、、。

Pb241614

敷地内の散歩コースをママも一緒に散歩。 さすがに気温は低くて寒い。

Pb241622

足元の枯葉にも霜がビッシリ

Pb241621

Pb241618

途中、東屋で休憩。 歩いていればお腹も空いてくる。

となれば朝食だ。

Pb241634

朝は和食だった。 たまにはこういう朝食も良いものだし、美味しかった。

Pb241627

こなつも笑顔だ!

二日目も予定がいろいろあるから、食後は慌ただしく荷造りをしてチェックアウト。

駐車場まで行くと、、、

Pb241637

なんと、フロントガラスが凍っている、、、!

Pb241638

我々が来た前日は少し雪が降ったらしくて、僅かに雪も残っていた。

初冬の軽井沢って感じだね。

せっかくスタッドレスに替えたんだから、ここだけでも・・・とタイヤ痕を残した(笑)

Pb241640

2日目も快晴。 この続きはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

軽井沢リベンジツアー初日

渋滞に苦労しながらもなんとか現地に到着したのは11時半頃。

最初に向かったのは、なかなか予約が取れないと言われているイタリアンの

プリモ・ピアット」というレストラン。1週間前に電話したら予約が出来た!

Pb231459

Pb231462

ご覧のように日本家屋を改築した作りで、恐らく昔に建てられた別荘だったのだろうと

思うけれど、とても落ち着く良い雰囲気だった。

私達はパスタランチ\2.720(前菜・パスタ・メイン・デザート・コーヒー)と

ここの姉妹店で製造販売しているスモークサーモンをオーダーして

Pb231465

さすが、前菜からして全てが美味しい。

Pb231467

スモークサーモン。 深燻してるのか薫りがとてもイイ。

Pb231470

千代幻豚を使った塩味のボロネーズ 水菜とレンコンが味を添える。(これはママ)

Pb231475

プリモピアットのスペシャリテ ワタリ蟹のリングイネトマトクリームソース(これは私)

Pb231477

野菜いっぱいのバーニャカウダ(ママの)

バーニャカウダソースは持ち帰り用を売ってるので、それも買って帰った。

Pb231476

長野山一ファームSPFポークとパルマ産生ハムピカンテ

  シチリア島のモッツァレラチーズのサルティンボッカ  (これは私)

Pb231478

このデザートで覚えたのが「エスプーマ」という言葉。

スペイン語で「泡」の意味で、リンゴと炭酸がまざったシュワシュワソースが絶品。

これにコーヒーが付いて2720円は絶対お得!

と、早くも食いしん坊ぶり全開の我々が次に向かったのが湯川ふるさと公園。

ここでじっくり腹ごなしだ(笑)

Pb231532

昼間は暖かいのでドッグランでアッ君とこなつを遊ばせようという事になり

行ってみたら先客の柴犬がいた。

Pb231492

アッ君とこなつは興味津々で近づいていく。

Pb231483

Pb231485

飼い主さんは地元の方だったので訊いてみたら、紅葉は2週間くらい前が

いちばん見頃だったらしく、この時はもう殆ど葉っぱが落ちてしまっていた。

Pb231506

そのあと公園の中を流れる清流に沿ってお散歩だ。

Pb231527

アッ君も元気!

Pb231509

この寒いのに水の中を歩いたり、、、こなつはアッ君と一緒なら何でもできる。

そろそろホテルに向かおうということになり、一路、北軽井沢を目指す。

その途中、ホテルの近くまで来た所に、これも軽井沢名物の店「Bacon」

Pb231535

売ってるのはベーコン、店名もBacon

Pb231533_2

Pb231537

製法・素材・食べ方にもこだわりを持つオーナーらしく、 ↓のように

Pb231538

ベーコンに良く合うワインにもこだわりがある。 話に釣られて私も1本買った!(笑)

ワインの左にあるのは、トーストに厚切りベーコンを乗せ胡椒とメイプルシロップを

かけて食べるという食べ方もお薦めらしい。 それ用のメイプルシロップも売ってる。

Pb251748

こんな新聞も頂いて、気分はだんだん軽井沢ど真ん中。

こうしていよいよこの日のホテルに向かうのだが今回泊まるのは

カーロ・フォレスタのグループの中の「北軽井沢リーオ」

まだまだ長くなるので続きはまた明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

帰ってきました

行きも帰りも大渋滞のツアーだったけど、無事に帰ってきました。

ただ、今日はもうブログ更新の気力も湧いてこないので

明日以降ゆっくりご報告の記事を書くつもり。

Pb231522

とりあえず写真も1枚だけ、、、

ここは中軽井沢の湯川ふるさと公園。

ドッグランもあるし、散歩道を歩くと清流が流れている自然豊かな公園だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月23日 (土)

リベンジ・ツアー

再びやってきました軽井沢。

今度こそはと気合を込めて朝6時に家を出発したのだが、、、

Pb231456

関越自動車道に入った途端、渋滞20km、、、藤岡JCTまで110分という表示が出ていた。

もう他に選択肢は無いのでそのまま流れに任せ、碓井軽井沢を目指す。

Pb231457_2

こなつもアッ君の車と前後して走っている事が分かるのか、嬉しそうな顔してる

と、こkまでは良いのだが、宿泊地の北軽井沢に到着してみるとそこはイーモバイルが

届かない場所だった。 仕方なく携帯をPCに繋いでアップしようとしたのだが

何だかモバイルPCの調子が変で、文章の下線が消えない、、、。

なので詳細は帰ってからアップします

(家に戻って、とりあえず上記の不具合は解消)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月21日 (木)

あと1日頑張れば

週末はいつもそう思いながら自分にムチ打って頑張るワケだけど今週はちょっと特別。

9月の軽井沢旅行でハプニングがあって思う存分楽しめなかったので

アッ君ファミリーにもお願いして今週末に一緒に「リベンジ・ツアー」に行くのだ!

湘南でも朝晩はかなり寒いから、この時期の軽井沢はそうとう寒いだろうし

もしもの場合に備えてタイヤもスタッドレスに履き替えて準備万端整えた。

そんな予定を控えた今日のこなつ。

Pb211437

Pb211435

こういう顔をしているときのこなつの目線の先には、オヤツだったりご飯だったり

食べ物がある場合がほとんどなのだが今日は、、、

Pb211440

好物のお刺身と

Pb211434

ローストビーフが、、、でもこれは、こなつ用ではなく人間用なのだよ。

Pb211443

Pb211445

こなつは自分のご飯を食べようね、とママが作ってくれたんだけど、

Pb211446

何がお気に召さないのか、鶏肉だけ食べて後はこの状態、、、。

こなつは、お腹が空けばいつでも食べられるというのが身に付いてしまったから

こんなことを平気でするのだろう。 放っとけばいつの間にか空になっている。

これの前にお刺身をおすそ分けしてしまう我々も悪いのだろうけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

酔いしれた

行ってきました、東京ドーム!

JR水道橋駅を降りると駅前にポールのグッズを売る露店が出ているし

交差点で信号待ちをしていたらこんな車が停止するし、嫌が上にも気分は盛り上がる。

Dscf0491

東京ドームに近づくと(このとき開演1時間半前)もう既にけっこう人が居た。

Dscf0494

開場時間の遅れがあって、席に着いたのがちょうど1時間前。

望遠で写してこんな感じだからステージから遠いのがお分かりいただける?

でもね、これでもS席なのだ(笑)

Dscf0495

開演時間になっても観客がまだ入りきれず、、、

Dscf0496

こうして満席になったのが予定より20分遅れ、いよいよP・マッカートニーの登場だ。

Dscf0497

‘ Eight Days a Week ’でコンサートが始まり、大半がBeatlesナンバーで、

Wingsや新曲も織り交ぜて約2時間ぶっ続けで演奏して終わり、、、のはずが

そこからアンコールの拍手に乗ってポールが再登場。

日本語で「モット、キキタイ?」 観客からは『オーッ!』と大歓声。

そして1曲演奏するたびに「モット、キキタイ?」  これには笑ってしまったが、、、

サービス精神旺盛で、メドレー含め約10曲のアンコールを披露してくれた。

本当に、オークションで売らなくてよかったぁ、と思わせてくれるコンサートだった。

最後に、実は動画は録ってはイケナイんだけど、ちょっとだけ雰囲気だけでも

(音が割れて聴き苦しいが)味わっていただければと。 但し、すぐに削除します!

最後にこなつもね

Pb201432

おいてけぼりのアタシはつまらなかったですぅ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月18日 (月)

明日は東京ドーム

おそらく今回が最後だろうと思われるポール・マッカートニーの日本ツアー。

Beatles来日のとき私は中学生で、公演に行くなんて夢のまた夢だったし

もう見れないだろうと思っていたが、先行発売で偶然買えたラッキーな宝物だ。

Pb171421

Yahooオークションで高値で取引されてるのを見て、「売れば儲かるぞ~!」という

悪魔のささやきに耐えて、ファンの想いを貫いたチケットだ(笑)

明日の仕事は夕方までで、終わったら即直行という予定になっている。

Pb171424

アタシを置いて行くつもり? と言ってるみたいだけれど

こればかりはこなつを連れて行くワケにはいかないのでゴメンネ!

ポール・マッカートニーのツアーで演奏されるBeatlesナンバーは素晴らしいのだ。

例えばこんなふうにね↓   今回もこのメンバーでの公演だ。

同世代の人には分っていただけると思うが、明日が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月17日 (日)

ごちそうさまの顔

七里ヶ浜の山もだいぶ色付いてきた。

Pb171353

尤も、朝陽に照らされて色が強調されているのではあるが、、、

久しぶりに快晴の週末、ワンコ達もたくさん集まってきた。

Pb171362

Pb171409

Pb171414

日曜日の朝は時間を気にせずゆっくり居られるからこなつも嬉しい。

Pb171377

ロングリードに取り換えて、ニコちゃんと遊んだり

Pb171372

写真を撮ってもらったり、、、

Pb171400

あっという間に1時間半が過ぎ、お腹が空いたので家に帰って朝ご飯。

Pb131325

これがこなつの、ごちそうさまの顔(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

暗くなっても

こなつの夕方の散歩の時間には辺りはすっかり暗くなっている。

歩いてる友達ワンコもほとんど居ないし、こなつの楽しみはアッ君に会うことだけだ。

今日はママと一緒にお邪魔してきた。

Pb131307

こなつはもうアッ君宅の庭の様子は頭に入っているから好き勝手に動き回り

もしかしたらここも自分の庭だと思ってる?

Pb131315

アッ君を追いかけ回したり、、、

Pb131312

テーブルに上ってネェネェとアッ君を呼んだり、やりたい放題(笑)

Pb131318

Pb131320

ではアッ君、また明日の朝七里ヶ浜で会おうね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月10日 (日)

頂き物の画像ですが

今朝アッ君パパさんから、この1年間に撮り溜めた画像が1000枚以上入ったDVDを

頂いたので、その中からごく一部を抜粋してご紹介。

ほとんどが朝の七里ヶ浜の散歩をしながら撮った写真だから、このブログにも

いつも登場している場所ではあるけれど、、、

Img_1993

休日ともなるとこれくらいの頭数が集まってくる。

Img_2616

いつもこんな大型犬と接しているから、こなつはどんなワンコにも臆することが無い。

それなのに人に対してビビるのが不思議だよねぇ。

Img_0563

左奥が私。 この日はロングリードで走り回っている。

Img_0692

ママの手作りジャーキーを持っているとワンコ達にこんなにモテる(笑)

この中の主力メンバーのアップ写真があった。

Img_0154

ご存知アッ君

Img_0148

シャイラちゃん

Img_9072

最長老のベルンちゃん、13歳

Img_2689

ニコちゃん

この4頭とこなつがほぼ毎日欠かさず皆勤賞となっている。

Img_5613

Img_0351

大好きなアッ君ママさんにはこんなに甘えている。

誰に対してもこうなれたら良いんだけど、そんな日がくるだろうか、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

今更もう、怒る気にもなれない

こなつが嬉しそうにボールで遊んでいる。

Pb091286

その数分後には、、、

Pb091289

イイ調子でガリガリ齧っているけど、印刷された文字を見て分るように

これは大事なボールなのだ。

Pb091298

一昨年の夏、我が母校が甲子園に出場したときに応援に行って

甲子園で買ってきた記念のボールなんだけど、この有様だ、、、。

このときは1回戦敗退だったから、この先また出場してもっと勝ち進んだら

(そんなことがあるか分らないけど、、、)その時のボールを宝物にしよう。

だからこのボールは明日からの散歩のときに持って行って遊ぶことにする。

Pb091292

それにしても、こなつはこういう遊び道具が大好きだ。

11月中旬になったら急に寒くなってきた。

朝も夕方も散歩のときは「寒いですねぇ」が挨拶の言葉になっている。

Pb091278

Pb091282

今日も夕方の散歩で近所のエルちゃんと会ったけれど

そそくさと帰ってきてしまった。

Pb091285

でも、こなつは今日も機嫌良さそうに笑っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

今日のこなつ

庭の柿が穫れた。

見た目は悪いけど甘いらしい、、、私は食べないが。

食べない理由は「果物の糖分は糖尿病によくない。」と医者に言われてるから。

Dscf0455

こなつも覗き込むけど咥えようとはしない。

この時期は個人事業主にとってはそろそろ帳簿の整理などで忙しくなるが

私も朝から鎌倉青色申告会に出向いたり、市役所に行って e-tax のための

住民基本台帳カードを申請したりで忙しく一日を過ごしていた。

そういうときも常にこなつは私の後をついて歩いたり車に乗ったりしてくるので

忙しい中にも気持ちの安らぎがあって気分が良い。

Pb071272

Pb071277

私にピッタリくっついているからこなつはパパっ子かと思うと、

ママが帰ってくると凄い勢いでシッポをブンブン振り回して飛びつき熱烈歓迎だし

なかなかその辺の配分が見事なこなつである(笑)

これは美味しいパンが主役の、昨日の夕食。

Pb061254

Pb061249

パンとサラダに、、、

Pb061262

スープがついて、、、

Pb061250

チーズのハンバーグ(中がモッツァレラで、上がチェダーチーズ)があれば、、、

Pb061270

当然、こうなる。。。

味を引き締める脇役は

Pb061255

ガーリックバターと

Pb061258

ブラックオリーブ・スプレッドだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

マロベエの墓参りに

時が経つのは早いもので、マロがこの世を去ってもう3年半。

鎌倉・材木座の光明寺に眠っており、年2回の動物慰霊祭には毎回参加していたが

今年の秋の慰霊祭の日は他の予定があって行けなかったため先週行ってきた。

Pb011216

マロのお墓参りにはこなつも必ず連れて行き、こなつの成長を見てもらっている。

Pb011244

こなつのシッポは垂れ下がったり、、、

Pb011220

しっかり上がったり、、、周囲の人影により変化が忙しい(笑)

Pb011228

ワンコたちはここに眠っている。

ここ光明寺は猫が多く棲み付いていることでも有名なお寺であるが

今日はずいぶん沢山の猫が顔を出してきた。

Pb011230

Pb011234

Pb011233

Pb011237

こうなるとこなつのテンションも高くなってしまうのだが何とか抑えながら撮影。

Pb011225

マロを育てながら経験したことが、今のこなつに活かされていると思うことは多い。

特に、犬の気持ちになって考えるという点で、私はこなつになってから変わった。

そういう意味でもマロに感謝しなくてはいけないから墓参りは欠かせない。

Pb011241

Pb011242

静かな良いお寺だ。

Pb011247

帰り道、いつもの光景だけれど夕暮れの江ノ島。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

ブラボーおじさん

クラシックコンサートの曲が終わると同時に「ブラボー!」と叫ぶオジサンの事である。

今日はママと(こなつもね)東京オペラシティでのコンサートに行ったのだけど

最近私が苦々しく思っていることが今日も起こったのでそれについて書いてみる。

Dscf0464_2

Dscf0465

午後2:00開演のコンサートだったので現地に着いて先ずは腹ごしらえに、、、

Dscf0461

ここは館内のレストラン「マエストロ」。 過去の出演者のサインのお皿がズラリ。

今日のコンサートはチェコ国立ブルノ・フィルによるドヴォルザークの音楽。

このオーケストラはサービス精神旺盛なのか、開演前にエントランス・コンサートを

開いて来場者を盛り上げてくれた。 こんなふうに↓

こうしてコンサートが始まり、2時間後に冒頭に書いたエンディングに至るのだが、

「ブラボーおじさん」がひと昔前に比べて増えてきたように思う。

この人たちは、曲が終わると同時に先を争うように‘ブラボー!’と叫ぶわけで

けっこう競争意識があるみたいだ。 もしかすると、長い曲を暗譜しているからこそ

終わった瞬間に声を出せるという自負があるのかもしれない。

だけどね、、、

音楽の終わりには「静寂の余韻」というものがあり、指揮者も音が完全に消えるまで

指揮の姿勢を保ったまま曲を終わらせようとしている。

それを余韻が残っている中でブラボー!なんて叫ばれたらガッカリだ。

と、文句はこれくらいにして、、、

Dscf0481

こなつは今日も私達が出かける準備をしていたら

「私も行きます!」と言わんばかりのアピールをするので一緒に連れて行った。

そのくせ車の中でお留守番となったら、用意したオヤツや飲み水に目もくれず

拗ねたような態度を見せている(笑)

そういう意思の疎通ができるようになったことも素晴らしいことだとは思う。

Dscf0477

で結局、夕方の散歩は家の近所まで帰ってきてママが買い物してる間に

チャチャッと歩いておしまい。

明日の朝はまたいつものように七里ヶ浜でみんなに会えるからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

朝陽の中で

朝の散歩のために、いつも6時に目覚ましをセットしている。

こなつに少しおやつを食べさせ、準備を整えて家を出るのが6時20分。

この20分間で辺りは随分明るくなってきて、海沿いに走っている頃に日の出になる。

Pb011195

散歩が始まる6時半、オレンジ色の朝陽を浴びながら仲間が次々集合する。

Pb011196

ここでもまず最初の行動はオヤツのおねだりだ(笑)

Pb011202

後ろの山の木々の色が少し変わっているけど、ここも紅葉するのだろうか?

この辺りではせいぜいこの程度なのかもしれない。

Pb011182

Pb011186

Pb011188

Pb011189

このような散歩が毎朝の日課となっている。

朝からハイテンションで友達と遊んだ日は、家に帰っても笑顔のこなつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

<番外編> 本の話

山本兼一:著 「利休にたずねよ」 2009年直木賞受賞作 を読んでいる。

映画化されて市川海老蔵が利休役を演じ、海外の映画祭で賞も獲得したのだが、

この本の中に、天正少年使節団が帰国後に秀吉の前で

西洋音楽を演奏するシーンがあり、それで思い出した別の本がある。

これだ。

Pb011205_2

石井 高さんという方は、楽器作りのマエストロの称号を持ち現在イタリアのクレモナで

バイオリンの製作をしている世界的に有名な職人である。

その石井さんが古楽器に関心を持ったのは、イエズス会の宣教師フロイスの著書

「日本史」の中に秀吉の前で少年使節団が演奏する場面が出てくるそうで

それを読んで興味を持ち、その楽器を再現することに情熱を傾けたということらしい。

その古楽器を再現するまでの様子が書かれたこの本はとても興味深く、面白い。

少年使節団(と言っても帰国したときには20歳を超えている)の4人が

持ち帰った楽器は、クラヴァ(チェンバロに近い鍵盤楽器)、アルパ(ハープ)、

ラウデ(ギターに近い形態のリュート)、ラベキーニャ(ヴァイオリンの元祖)の4つ。

ダリオ・カステッロの曲を演奏したようなので、近い編成のものを探してみたが

秀吉が聴いた音楽はおそらくこんな感じだろう。

400年前を想像すること、、、それもまた楽しい。

Img_3487

アタシはジャーキーがあればそれだけで楽しいんですけど、、、。

400jja_6

実は、この石井さんが復元した楽器で録音した「400年前の西洋音楽と古楽器」

というCDが1990年頃?に発売されている。

欲しいのだが、どう探しても「売り切れ」「入荷予定なし」ばかりで、見つからない。

仮に出てきたとしても超高値だろう。何せ純金CDだから、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »