« 病院恐怖症は増すばかり | トップページ | 今年最初の湘南いぬ親会 »

2013年4月13日 (土)

山田和樹&日本フィル

今日は初台の東京オペラシティ・コンサートホールで

このブログでは毎度お馴染みの山田和樹指揮&日本フィルハーモニーの演奏会だった。

車で行けばこなつも乗せて行けたんだけど、今日がコンサートだということを

ウッカリ忘れていて直前に飛び出し、電車で行ったのでこなつはお留守番。 

Img_0772

これは私が帰ってきたときのこなつの顔。

家の前まで来たら、階段の窓からこなつが覗いているのが見え、玄関を開けたら

「ワタシを置いてどこに行ってたの!」と言わんばかりの大騒ぎだった(笑)。

Img_0774

本日のプログラム。

大学祝典序曲とメンコンはそれなりだったが、後半のサンサーンス・オルガン付きは

とても良かった。この曲、久しぶりに生で聴いたけどイイ曲です。

山田和樹さんはここ数年で、スイス・ロマンド管弦楽団の首席指揮者に就任したり

日本フィルの正指揮者に就任したり、サイトウキネンでは小澤さんの代わりに

オペラの指揮をしたりもした。 一気に世界の頂点に向かって駆け上ってる感じがする。

130413_145001

今日の私はこんな席。 ステージを真横から見る位置なのだが、

弦楽器の音は前に向かって広がり、管楽器(特にブラス)は上方向にも広がるから

私の目の前のトランペットとトロンボーンとチューバがガンガン響いてきて

音のバランスは悪い。 安い席の宿命だ(笑)

交響曲には珍しい、パイプオルガンの重厚な響きがオケをリードしていく。

GWに国際フォーラムで行われる音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」でもこの曲の

演奏会を買ってあり、思いがけず聴き比べができることになった。

さて、明日は湘南いぬ親会。 こなつも参加予定です。

Img_0759

|

« 病院恐怖症は増すばかり | トップページ | 今年最初の湘南いぬ親会 »

その他」カテゴリの記事

コメント

オーケストラ。なつかしいなぁ。
大学で管弦楽団に入ってましたー。
パートは打楽器(出番が少ない)だったので、
スコアを買っては他パートの観察ばっかりしてました。
こなつちゃんはお留守番だったんですね。お留守番お疲れ様~。

今日は湘南いぬ親会なんですね。
あったかくて、お天気もよくって良かったですねっ。
あ、ウチの方は風がものすごく強くて八重桜で桜吹雪でしたが、
湘南はいかがでしたか?

投稿: すー | 2013年4月14日 (日) 17時38分

すーさん
楽隊屋だったんですか、素晴らしい!
岩城宏之さんが著書の中で団員のことをそう呼んでいたので流用しました。
打楽器にもいろいろあるから何だろう?と思いつつも勝手に
ティンパニー? もっと出番が少ないならシンバル? とか想像してます(笑)

いぬ親会は今日のブログに書いたんですが、もの凄い強風でテントも張れず
これでは先週末の低気圧通過後と何ら変わんないじゃないか!というくらいでした。
昼食の時に車を停めて、こなつのために少し窓を開けておいたら
車の中が砂だらけになってしまい、とほほです。

投稿: こなつパパ | 2013年4月14日 (日) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387962/51214688

この記事へのトラックバック一覧です: 山田和樹&日本フィル:

« 病院恐怖症は増すばかり | トップページ | 今年最初の湘南いぬ親会 »