« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

1ヶ月完遂!

今月は1ヶ月間ブログの更新をやり遂げようと思って臨んだのですが、遂に完遂した!

だからどうってモノでもないのだが、どんな事でも目標をクリアするのは気持ちイイね。

今週は一つ大きなイベントが待っている。 それはこなつの1歳の誕生日!

Dscf3814

本当の誕生日が不明なこなつは、病院での登録の際に3月3日生まれにしてもらい

雛祭りと一緒に祝えるようにした。(成長の過程をみると実際は2月後半かもしれない)

なので今週木曜日はどうしようかと、こなつママと相談中です。 乞うご期待!

昨日は娘がやってきて、久しぶりにこなつと遊んでいった。

Dscf3766

娘には従順なこなつなのだ。

Dscf3773

手作りジャーキーに釣られ近づいてくると

Dscf3775

Dscf3776

Dscf3774

オスワリやお手をして、イイお顔の連発です!

もしかすると期待に反して質素な誕生祝いになってしまうかもしれないけれど

そうなったら、飼い主がこれだけ心待ちにしている、ということで許してもらおう。

Dscf3780

愛嬌を振り撒き続け、娘が帰った後は、この調子・・・(笑)

さて、サンバの締めに大御所の登場です。

このオッサン(アルリンド・クルーズ)もイイ味出してます!

Muito Bom ! !    Fooooooda !

この、アルリンド・クルーズはブラジルの桑田佳祐と言っていい存在だろう。

どう? サンビスタは楽しい ってのがお分かり頂けるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

鎌倉山納豆の朝市

家から20~30分歩いた所に鎌倉山納豆の製造直売店があり、独特の美味しい納豆を

売っています。 数日前にそこのチラシが入り、今朝8:00から朝市という知らせだった。

こなつの散歩がてら買いに行こうということになり、二人とこなつで出発。

Dscf3787_2

裏道を選んで歩いたので、こなつの尻尾も上がっています。

Dscf3783_2

開店直後に着いたらもう既にお客さんが大勢いて人気ぶりが窺える。

こなつママが並んでいる間、こなつは近所を歩いてオシッコとウンチを済ませたが

表通りに出てくると突然ビビリっ子に変身してしまう。 まだまだ時間がかかりそう。

Dscf3784

Dscf3796_2

帰り道の途中、農家の道端で採れたて野菜を売っているのを見つけ

ここでも100円×4袋を購入。 ちょっとお得な朝の散歩でした。

家に戻って、袋から出して品定めを始めると、こなつも興味津々の様子。

Dscf3799_2

今日の朝ご飯はパンではなく、ご飯に納豆になった。

Dscf3802_2

Dscf3809_2

今日は「丹波黒豆納豆」と「田舎造り小粒納豆」を味見。 当然すごく美味しい!

Dscf3806_2

なんと、こなつは納豆が好きだった(笑)。

残った小粒納豆( 1/3 くらい)をぺロリと食べてしまいました。

写真に写ってるように、ここの納豆は昔ながらの木の皮で包まれています。

こんな感じで今朝は時間が過ぎて行ったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

有言実行、朝から遊ぶ

昨日宣言したとおり、週末は朝からこなつのお相手時間とした。

朝イチで眼科に術後の検査に行き、戻ってきてからはずっとこなつと遊んでいる。

やっぱりいつもと違うなと感じているのか、写真の顔も穏やかに見えるようだけど・・・。

Dscf3716

Dscf3717

こなつは、一旦相手をしてもらえると思うと際限なく向かってくるので、どのあたりで

切り上げるかが難しい。 でもまあ、それも可愛いと思えていることだから仕方ないか。

Dscf3727

頑張って相手していたが、こっちが飽きてきてしまったのでボールを渡し

一人遊びをさせようと思ったが咥えて持ってきて「はい、投げてください!」の

繰り返し。 結局休ませてはもらえない(笑)。

Dscf3728

いつものテニスボールよりもゴムの固いボールなので上手く噛めないらしい。

昼ごはんを済ませたら鎌倉山の公園に行こうと思う。

さて、暫くはサンバを続けてみるつもり。 今回は Dani Gurgel。

かなり軽快でフュージョンっぽいノリのいい曲をご紹介。

・・・

もう1曲、 Djavan の 「 Samba Dobrado 」

私の友人が、ヨーヨー・マの「オブリガード・ブラジル」というアルバムに

参加したミュージシャンから辿って行って見つけた、と教えてくれた曲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

BGMの試み

今までと違うBGM手法を試してみますので、騙されてみてください(笑)

下の小さな画面は画像なしで約18分間、心地良いBGMを流します。他のサイトに移動する

ときは別ウィンドウを開いてBGMを聴き続けてくれたらいいな、と勝手に考えています。

結構イイBGMだと思うんですけどね! (画像はありません、曲名だけです)

deha

では今日の記事です。

私が仕事に出かけるのはいつもAM11時過ぎ。 

朝、こなつママが出かけた後は、こなつと1対1の時間を過ごしているということです。

散歩とこなつの朝ごはんを済ませると私はPCに向かい、ニュースのチェックやメールの

チェック。それから仕事の準備したり、ブログの更新をしたりしている。

その間、こなつのお相手が少々疎かになっていたり全く喋らなかったりして、気が付くと

こなつはつまらなそうに寝ていることがしばしば。もっと遊んであげないと、、、と反省。

Dscf2693

で、今日は午前中はこなつの相手をしていたのでブログは職場の夕食の休み時間に

更新することになりました。 いつものようにじっくりとは書けないので最近の写真を

数枚UPします。

Dscf2699

こなつはマロと比べて喜怒哀楽がはっきり表情に出るタイプのように思う。

マロも良い表情をしていたと思うけれど、こんな表情からは明らかに「楽しいです!」

って感じが伝わってくる。 逆に、つまらない時やビビった時も分かり易いしね。

Dscf2691

これなんか、かなり満足した方の顔じゃないかなと思う。 

但し、先日のアッ君との写真のような心の底から嬉しそうな顔と比べるとまだまだ。

我が家にいてもあんな顔になるよう週末はしっかりお相手しよう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

博物学という江戸の学問

今日はベランダ工事には生憎の空模様となってしまいました。。。

ベランダを撤去した2階のサッシをうっかり開けるとこなつが空中ダイビング、、、

なんて事になりかねないので、こなつを捕まえながら覗いてみると

Dscf3701

Dscf3702

こなつは案外慎重派のようで、サッシを開けても網戸より外へは行こうとしなかった。

こっちを見上げて「あの~、出られないんですけど・・・」って顔してましたけどね。

Dscf3710

工事が始まると、内弁慶のこなつはいつもの定位置に陣取り、外の職人さんに

向かってやたらと強気に吠えまくる。でも、その一人が部屋に入ってきたら急に

尻込みし始め、こなつったら、、、ビビリウンをしてしまったのです(笑)

さて、本題。

ここしばらく、興味を持って資料集めをしていた「江戸の博物学」。

これは18世紀半ば以降、大名や旗本などの上流階級の間で流行った、動物や植物の

研究をするというものです。自ら動物や植物を育て、お抱えの絵師に精巧な博物図譜を

描かせていて、そこには街中の犬や猫も沢山登場しているのが興味深いのですが

ソコソコ資料が集まってきたのでご紹介してみます。

サラッと流して見て下さいね。

まずは当時の図解百科事典である「訓蒙図彙大成(きんもうずいたいせい)」から

Dscf3682

犬は「犬(けん)」「獒犬(けいけん)」「●(犭に農)犬(のうけん)」の3種類に分類されていて

「犬」は一般的な犬、「獒犬」は舶来の背の高い犬、「のう犬」は毛の長い犬でムクイヌとも

呼ばれたようですが、なんだか変な分類の仕方ですね。

Photo_2

上左:ボルゾイらしき犬。 かの有名な谷文晁の画     東京大学図書館蔵

上中:横浜開港後に、犬を連れて歩く中国人        横浜開港資料館蔵

上右:ネズミを退散させるおまじないとして家の中に

    貼るために描かれたもの  歌川国芳の画     東京国立博物館蔵

Dscf3681

この犬種は何だろう? 私には分からない。

Dscf3693

ポインターと推定されていた

Dscf3695

グレイハウンドと思われる

Dscf3692

これも定かではないが、スパニエル種だろうとのこと

Dscf3698

これはチワワでしょう              慶應義塾大学三田図書館蔵

この時代にこれだけ多くの種類が既に日本に居たということが意外な感じがする。

更には、港区三田界隈で発見された犬の墓石ですが

Dscf3691

Dscf3700

上は「白」という名で、下は「亀」という名が刻まれている。

ここで笑い話のような話ですが、当時「亀」という名前が多かったらしい。というのは

外国人が犬を呼ぶとき「come ! 」というのを「かめ」という名前だと勘違いした結果、

「亀」という名前が流行ったと書かれてあった。 ホントかね?

最後に、昔も今も、犬や猫は人を和ませてくれる存在だったという感じの浮世絵で

浅草の田圃越しに沈む夕日を眺める猫。  安藤広重画

Dscf3689

そのほか面白かったのは、今も昔もペットを可愛がるのは同じだが

時には度が過ぎたことをしてしまうという点でも同じような事がみられるのです。

たとえば、大名の犬が嫁入りするのに籠をしつらえ家来が行列を作って歩いて行く、

なんていうのは、最近の、ブランド物を身に纏った犬を仕立て上げるというような

飼い主心理と似てない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

サンビスタは楽しい

サンビスタ( Sambista : ポルトガル語)、サンバをこよなく愛する人たちのことをいう。

また、本題に入る前に今日のこなつから。  引っぱります(笑)

今日から我が家のベランダ工事が始まった。朝から職人さんが出入りしているため

こなつは何となく落ち着かないし、よく吠える。 これも人に馴れるための試練だね。

Dscf3678

古いベランダの撤去作業が始まると、こなつは1階のこなつばぁばの部屋に行き

何事が始まったのかと見廻していた。 ちょっと目付きが険しくない?(笑)

作業はこんな感じ。

Dscf3675

ベランダを取り去り、支えになっていた壁に喰い込ませた横板だけになった状態。

Dscf3671

その横板を見ると白アリに喰われてボロボロになっている。2年前に白アリ駆除は

業者に依頼したので、その後は白アリは出ていない。 ただ、この部分から雨水が

1階天井裏に浸水し、雨漏りの原因となっていたのです。

Dscf3665

Dscf3663

撤去は午前中で終了し職人さんも帰られたので、こなつも落ち着きを取り戻し

いつもの顔付きに戻ったようですね。 おやつオネダリのイイお顔です(笑)。

さて、サンバですが

CARTOLA(カルトーラ)という爺さんをご紹介したいと思います。

激しく踊るだけがサンバではなく、美しく洗練されたメロディと優しい詩に溢れた

古き良き時代のサンバです。 知っていて損はないですよ!

このカルトーラは、若い頃はサンバカーニバルの音楽の作曲などをしていたが

自分のアルバムの初録音をしたのは65歳のとき。 とにかく気持ちいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

まだまだ余韻に浸る

こなつにとって、先週末は盆と正月が一緒に来たような楽しいひとときだったが、

飼い主の我々にも、こなつの嬉しそうな顔が見られた特別な週末だったと言える。

まだ良い写真がたくさんあるので、もう少し余韻に浸ってみたい。

Dscf3583

こなつが我が家でこういう顔をすることが少ないのは

朝は忙しくて散歩が短い、昼は大半は部屋で寝ているし、夜の散歩も長いとは言えない

つまりエネルギーを発散できていないからだろうか。

朝我々が目覚めたときや、夜仕事から帰ってきたとき、こなつの熱烈歓迎ぶりをみると

やっぱりもっと遊びたいのだろうなと思う。

Dscf3631_2

家にワンちゃんがもう1頭、あるいは猫が1匹いたら様子が違うのかもしれないが

それもいろいろ事情が許さない。 難しいところだねぇ・・・

Dscf3638

Dscf3603

行き着くところは、こなつのビビリを何とか解消させる工夫をして散歩を増やす、

特に休日の散歩を出来るだけ長く取って、多くのワンちゃんと遊ぶことかな。

すごく困ってる訳でも、心配してる訳でもないのです。

ただ、だんだん成長してきたこなつをもっと満足させてやりたいと思うにつけ

いま足りない点はそういうところかなと感じるのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

こなつの嬉しい出来事

昨日の夕方のことです。

アッ君のお宅に、先日我が家で一緒に写した写真をお届けに伺ったところ、

中へどうぞと仰っていただき、またまたアッ君と遊ばせてもらうことになりました。

お部屋は大型犬の脚に負担が少なくなるように絨毯が2枚重ねになっていてフカフカ!

Img_3095

そしてアッ君のお出迎えです。内心、「チェッ、またこの小娘か・・・」と思ったかも(笑)

一方のこなつは嬉しくてたまらず、誰彼かまわず猛然とジャレついて大はしゃぎ。

Dscf3573

アッ君パパにしがみつき、、、

Img_3079

アッ君ママにもこの通り。 どっちが飼い主なのか分かりません・・・

Img_3135

Dscf3581

アッ君は、こなつがこんなにジャレついたり甘噛みしても全然怒らず余裕たっぷり。

もうあと2ヶ月で8歳になるそうですが、風格漂う大人の男、といったところだろうか。

そして、アッ君ママの手作りケーキまでご馳走になってしまいました。

Dscf3611

突然の訪問だったのにこんなに歓待して頂き、ありがとうございました。

とっても美味しかったです! 

そしてこなつの、今までで最高と言ってもいい笑顔の写真が撮れました。

Img_3047

Img_3110a

どちらも、アッ君パパの撮影。 腕もカメラ(一眼レフ)も良いとこうなるのでしょうか。

こなつは本当に楽しかったのだ、というのが表情からも良く分かる。

Img_3097

そしてアッ君のおすまし顔も。 今までにも多くのバーニーズを見てきたけれど

これだけのイケ面はなかなかいません!

というわけで、こなつにとって日曜日の夕方の最高に楽しいひとときでした。

それなのに、今朝も起きた途端にワオワオ吠えるのは何故? わからん・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

今日は簡単に

最近のこなつは、朝起きた時からやたらと吠えまくってうるさい、、、。

こなつのストレス溜まり気味?

今朝はそれに追い打ちをかけるように、朝から出掛けたり戻ったりの繰り返しで

とりあえずの散歩もいつもと違う場所で15分程度で終了。

Dscf3521

あんまり嬉しそうな顔をしていませんね(笑)

今日は、今までちゃんとオシッコシートでやっていた小用も、まるでわざと外したのかと

思いたくなるようにシートの隅っこでやって床に流れ出してしまう始末。

なんだか分からないけど反抗期のような感じ。 

何か理由があるのかもしれないが、それが何なのかは分からない・・・。

Dscf3546

不満を抱えているような顔には見えないんだけどね。

でも、食欲だけは決して衰えないのだ。

ヤケ食いではないだろうが、毎日このくらいはペロリと平らげてしまう。

これは夕飯、朝はドライフードでたまに野菜のトッピング付き(笑)

Dscf3642

Dscf3645

そんなこなつに、今日の夕方とっても嬉しい事があったのです。

このまま書き連ねると長くなるので、続きはまた明日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

マロのアルバムから

今日は先代犬マロの写真を引っ張り出してみます。

こなつを2代目にするときにマロとは違う子をと言い、我々夫婦としては違う雰囲気の子を

選らんだつもりだったが、他の人からは「よく似ている」と言われることもある。

マロは、こなつママの友人の家(茅ケ崎)で2頭の兄弟として生まれた。

P6080254

グレーの方が、兄のミミちゃん

P6080252

右端が母犬のコロちゃん

P6080262

生後2ヶ月くらいで我が家にやってきて、生まれも育ちも・・・という湘南ボーイだ。

大きくなったマロはその通り海が大好きで、散歩で海に向かうのが分かると

海が見える前から「そりゃもう大騒ぎさ、、、」というのが毎度のことだった。

P4220063

マロとは、2歳の頃から毎年夏は白馬旅行に行っていた。犬と泊まれる所を探し

今でも毎回「ミーティア」が常宿。 ここのログハウスは快適です。

1010021_0

E27_2

夜の食事も屋外でBBQが恒例、もちろんマロも一緒にお相伴でしたね。

白馬旅行のときはサイトウキネン松本のスケジュールに合わせ、昼は白馬でのんびり

夕方から出かけてコンサートを楽しみ、夜はミーティアに宿泊の繰り返し。

先日のコメントに書きましたが、このコンサートのチケットは入手困難なので

発売日には数日前からこんなテント村の行列ができます。が、これもまた楽しい。

地元の人たちは夜は家から料理を持ち寄って宴会やってます(笑)。

P1010002

バカみたい、と言われそうですが、私は鎌倉から松本まで行ってここに加わるのです。

でも、そうすればこそコンサートも白馬も楽しくなる。

P5040127

これはゴールデンウィークの白馬です。白馬はこの時期に桜が満開になる。

P1010032

E15_2

ドッグランの緑も鮮やかで犬達も気持ち良さそう。

Img_7399

マロにとって最後の旅行となったこの年は、アッ君と一緒に旅行ができた。

今こなつがアッ君と仲良くしてもらえてるのは、こうした過去があるからだろう。

P1010004

これもマロの晩年の中でお気に入りの1枚。

マロとこなつは色合いこそ似ているが、性格は全く違うしそれぞれ良い味わいがある。

何にしても、犬と一緒に暮すというのは楽しいものですね。

では、本日のこなつ

Dscf3509

あれれ、目を瞑っちゃいました・・・。

Dscf3510

ハイ、おすまし。 マロ眉四姉妹となって、こなつにも妹ができました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

森の色に合わせて

今月は、雨や雪の降る日が多い、、、また今日も。

こういう日のいちばんの悩みと言えば、私の場合は散歩です。

レインコートを着せるのは面倒くさいし、かと言って、着せなければ帰ってからが大変。

雨が降り続くと、朝着たのは夕方までには乾かないから最低二着は必要だしね。

こなつは、この半年でグングン大きくなったから子犬の頃のはもう着られなくなった。

なので年末に一着買い足し、先代マロのでやや大きめだったのと併用している。

この日はマロのお古を着て夫婦池公園を散歩。

Dscf3458

ほぼ限界に近いくらいパンパンで首のボタンは締まらないし、手足もツンツルテン(笑)。

でも、色が気に入ってるのでこなつにも着せている。

特にこういう山道とか森の中を歩くと、レインコートの緑色が景色と調和して見えて

大して意味は無いのだけれど、なんとなく気分が良くなってくる。

だからこのレインコートは女の子っぽくないけど、捨てることができない。

Dscf3463

およそ 2~3年くらいは使用していたのだが、長時間雨の中を歩いていると

だんだん水が染み込んできてしまうため、撥水加工をやり直さないといけないようだ。

Dscf3481

ちょっと判りにくいけど、背中の部分に水が染みて黒っぽい色に、、、。

この写真を撮る時レンズに雨粒が付いたため、こなつの顔が少しボヤけて写ってる。

これを見て気づいたのですが、白内障になったときの見え方がまさにコレです。

実際にはもう少し広範囲がぼやけて見え、「焦点は合ってる筈なのに見えにくい」 という

何とも気持ち悪い状態になるので、こんな感じになり始めたら要注意です!

白内障は、この写真のような見え方のときに気が付けば、進行を抑える目薬で

ある程度は対処できるけど、もっと進んだら手術するしかない。

さて、これがワンコの場合はというと

物言わぬ彼等だから飼い主が気付かないまま白内障が進み、盲目になるケースも

少なくないらしい。 早期なら人間と同様に目薬で抑えることも可能なようだから

まあ今から心配するのは早いけど、こなつが歳を取ったら気を付けてあげたい。

もっとも、私の専門分野の歯のほうは、若い時からケアが必要なのに

いつぞやこなつの歯ブラシを買ったままその後磨いてない。

歯石がひどくなる前に、こなつの歯磨きしないといけないなぁ、、、。

Dscf2215

こんな時こそ歯磨きのチャンスだから次は実行しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

イギリスでいちばん美味しい紅茶とは?

今日はこんな話題で進めてみたいと思います。

イギリスは紅茶の国というイメージがあります。有名どころの高級ブランドは日本で

大概手に入りますが、向こうで庶民に飲まれているものの中にもイギリスらしさ溢れる

紅茶があるようです。

一般には、毎日マグカップでガブガブ飲めるヒモ無し大きめティーバッグが主流だとか。

そういう紅茶を扱う店の一つに、湖水地方(ピーターラビットで有名になった)にある

紅茶屋で Farrer's という1800年頃創業の老舗店があります。

その雰囲気を味わってみたいと思い1週間ほど前に注文してみたのが昨日届いた。

Dscf3482

開封する前からなんとなくいい香りが漂っていて、こなつも興味津々の様子。

Dscf3487

Dscf3491

開け始めたらこなつはすぐに、こんなことになってしまった(笑)

ここの紅茶は1バッグ内の茶葉量が日本の通常のより1.5倍多く、マグカップ2杯は

楽々出るとのこと。 しかも濃く入れても渋みがありません。

なので濃いのにミルクをたっぷり注いで、、、には Assam なんか最高だろう。

Dscf3498

Dscf3505

大きさの違いが分かりますね。これが1箱50バッグ入りでたったの2.3ポンド。

現在、£1が大体130円ですから、£2.3は299円です。、、、ってことは、1バッグ6円! 

ヘタすると(しなくても)郵便料金の方が高くなってしまうから、上の写真のように

まとめ買いをしたのです。

ちなみにヒモがないのはケチってるわけではなく、カップ内でがんがんかき混ぜるため。

ただ、残念だったのは一緒に注文した大袋入りの茶葉が、「仕入先が倒産したため

現在のところ入荷の見通しが立たない」という返事がきて、今回は買えなかったこと。

Dscf3504

こなつは写真を撮っている間も、近寄ってきて匂いを嗅いだり前脚で触ったりして

香りだけを楽しんでいました。 で、早速朝食にパンと紅茶で味わってみることに、、、

写真撮り忘れちゃいました!(笑)

感想は、もちろんGoodです。 手前味噌ですが、こんな手間隙かけて手に入れて

気分を楽しめば「イギリスでいちばん美味しい紅茶」を飲んだ気になるというもの。

日本には代理店がまだ無い、というのもイイ。

Farrers_2

Farrer’s のファサード

店内ではアフタヌーンティーも楽しめる。

紅茶にハムサンドとスコーンが付いて

日本円で、1000円弱(£6.5)

現在のオーナー夫妻

(SHOPのWEBサイトより)

/

/

ご興味のある方はコチラから注文できます。

下段のTEAに入り、左の紅茶の種類を選ぶとオーダー表になります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

本物の雪景色

信州の友人から写真が送られてきた。

ここは信州と言ってもそれほど雪の多くない地方で、今回がこの冬初めての銀世界だった

そうです。雪の殆んど降らない所に住む私には、こういう景色への憧れがあるけれど

実際に住むとなったら大変なんでしょうね。

Ts3d0350

それにしても幻想的な雰囲気です。

Ts3d0346

その友人の愛犬「由衣ちゃん(♀15歳)」。この歳でこんなに元気に雪の中を走り回って

いるなんて凄い。 雪が大好きだそうです。

こなつのXmasのときの合成写真とちょっと似てるかも・・・(笑)

Photo

このときのメールに書かれていたんですが、由衣ちゃんが診てもらっている病院

「岡谷動物病院」の待合室で、ちばわんを紹介するビデオが数ヶ月前から流れて

いるそうです。ちばわん、凄いなぁ・・・

ちばわんのビデオ作って動物病院に配布するなんてこと出来たらいいだろうな。

では、こなつの本日の1枚

Dscf3263

目が真ん丸になっちゃいました(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

アッ君が遊びに来てくれた

アッ君一家は先週末に清里へ雪遊びに行ってきたそうで、わざわざお土産を持って

遊びに来てくれました。アッ君が我が家に上がるのは初めてなので、どんな行動を

取るのかと見ていたら、何を戸惑うこともなく自分の家のように歩き、そのまま1Fの

台所に向かった。そこには何も知らずにご飯の支度をしていたこなつばぁばが居て、

突然大きなアッ君が入ってきたのでビックリ。でも犬には慣れているし、アッ君も

すごく大人しい子だからまるで何事もなかったように2Fの我々の部屋に移動。

Dscf3434

こんなに大きな子が部屋の中を歩き回るのは見ているだけでも楽しいものです。

Dscf3304

水の飲みっぷりも豪快で、あっという間に器一杯分を飲み干してしまった。

Dscf3310

こなつは大好きなアッ君が来てくれたのが嬉しくて、遊ぼう遊ぼうと大はしゃぎ。

Dscf3302

更にはアッ君パパにしがみつき、「いつも美味しいもの持ってますよね?」とばかりに

じゃれついてオネダリしています。

Dscf3341_2

そしてアッ君パパがターキースティックを手にした途端、2頭の目は釘付けになり

Dscf3347

交互に食べさせてもらったのですが、、、

Dscf3382

(こ)「ちょっとぉ、、ワタシよりたくさん食べたんじゃない?」

(ア)「当然でしょ、オレはこなつの3倍デッカイんだからね!」

Dscf3383

お腹が充たされたら今度はお遊び開始。元気さと機敏さでは若いこなつのほうが

勝っているのでアッ君はややお疲れ気味・・・

Dscf3400

(ア)「ちょっとひと休みしようぜ、、、」 と目が訴えてますが、、、

Dscf3413

(こ)「寝転んでないで、もっと遊ぼうよ~!」 とこなつはしつこく誘います。

Dscf3414

(ア)「もうやってられません・・・降参!」

Dscf3323

(ア)「ふぅ、、、 とんだ小娘だぜ、、、」 って感じの顔してます(笑)

こんな様子を見ていると、一体こなつのどこがビビリっ子なんだと思いますよね。

Dscf3443

楽しい1時間はあっという間に過ぎ去り、アッ君一家はお帰りになりました。

さすがのこなつも、こんなにみっちり遊んだのは初めてだったので、

アッ君が居なくなった途端にご覧の通り。

この後もずっとこの調子で、朝までぐっすり熟睡していたのでした。

アッ君、そしてパパさん・ママさん、有難うございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

連休最終日

この日の夜は娘夫婦がうちに夕飯を食べに来るということになっていた。

そんな日は、ママも普段よりは多少手をかけて食事の準備をするが常で、

鵠沼海岸のユニオンへ買い物に出向いた。

ママが買い物してる間は、こなつと目の前の浜辺を散歩することにして行ってみたら

思いのほか人の出が多くて、こなつのスイッチは早くもパニックモード!

Dscf3294

海側から見たユニオン鵠沼店。

ポカポカ陽気の日曜日なので、江の島方面に向かう道は大渋滞。

Dscf3272

いつもの七里ヶ浜とは逆側から見た江の島です。

江の島は、七里のある東側から見た方が形がイイと思うのは私だけだろうか?

今日は低気圧が去ったばかりで波が高いため絶好のサーフィン日和で、

サーファーの数も半端じゃなく多かった。

Dscf3269

海岸通りの歩道も、浜辺も、どこに行っても人が多いのでこなつは逃げるように歩き、

しばらくは竹柵で囲われた場所に逃げ込み、辺りの様子を窺っています。

Dscf3274

5分くらい隠れていたが私に引っ張られてようやく歩き出し、歩いてみたら周りには

ワンちゃんがかなり沢山いることにも気づき、やっと安心したようで、ワンちゃん達とも

ご挨拶しながらの散歩になった。

Dscf3280

ようやくこの場所に慣れてきたのか、顔付きにも少し余裕を感じられるかな。

Dscf3291

ところが、子供たちのグループに出くわすとまたこんな状態になってしまう。

そうすぐには治らないだろうが、少しずつこういう場所や状況に慣らしていくしかないか

と思っている。2~3歳くらいまでにもう少し改善したいものです。

Dscf3296

ユニオンのすぐ横の DogDept もお客でいっぱい。店の前にあるドッグランも

遠くから見てわかるほど人が溢れてました。

この時間に散歩をしたので、この日のこなつは朝・昼・夕の3回散歩ができてラッキー!

こなつパパもよく歩き、順調にカロリー消費です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

天才君 VS 古典派君

タイトルの話は後廻しにして、先ずはこんな写真から

Dscf3250

鎌倉方面は何年振りかで屋根がうっすら雪化粧

Dscf3248

我が家のベランダにも少し雪が積もりました。

そして今朝はやや遅めの8時過ぎに散歩に出発してみたが、陽が当たってない道は

まだ凍結していた。この辺りは坂道だらけなので、所どころで滑りそうになって危ない。

でもこなつには全く影響ないみたいで、引っ張られながらの散歩になってしまいました。

Dscf3254

いつもの公園に行くと、誰かが作った雪だるまが姿をとどめていて

こなつは何故かこの雪だるまに興味津々。

Dscf3257

帰り道に神社の角を曲がったら、こなつが大好きなアッ君が散歩から戻って

ちょうど家に入るところを発見。こなつは必死で追いかけましたが間に合わず

アッ君は中に入ってしまいました。

こなつはお宅の前で尻尾をブンブン振り、クゥ~ン、、クゥ~ンと声を出して

猛アピールするも願いは届かず残念!

Dscf3258

更にはオスワリをして 「動きませんっ、出てくるまでは!」と頑張りますが

それでもダメと悟ったのか、すごすごと我が家に向かって歩き出しました。

さて、タイトルの話です。

パンが大好きなこなつママは、ナッツ家の天才君に刺激されたのかパン作りを開始。

我が家には天才君のような優れ物はないので、1次発酵に12時間、2次発酵2時間

その後45分焼いて出来上がったのが、ライ麦の「パン・ド・カンパーニュ」

発酵時間はかかるけど、こねなくて済むのが驚異的な楽ちんパンだそうです。

Dscf3449_2

我が家の古典派君。かなり、くたびれてきてます・・・(笑)

Dscf3251

Dscf3252

Dscf3253

天才君ほどの仕上がりにはならなかったものの、それなりに田舎パンらしく出来た。

Dscf3267

そして、今日の朝食がコレ。

こなつは椅子によじ登って眺めているけど、見てるだけ!

のつもりでしたが、皮の部分だけすこしもらっちゃいました(笑)

Dscf3265

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

新しいレインコートで雪道散歩

ついに今年初の雪が積もった。

風が強く、雪が斜めに降ってて寒そうだから夕方の散歩はどうしようかと迷ったけれど、

散歩道具を手に取ったら、こなつが嬉しそうに尻尾を振るのでしぶしぶ行くことに(笑)。

さすがにレインコート無しでは戻ってからが大変そうだから、少し前に買った新しいのを

着せることにした。

Dscf3212

玄関にて、、、 こなつの目は「早く行こうよ!」と言ってる。

Dscf3214

扉を開けた途端、風と雪が舞い込んできてメゲそうになったが、気合で出掛けます。

Dscf3218

Dscf3222

いつもの公園に向かって歩くと、ご近所のワンちゃんが散歩から帰ってきて

ちょっとだけお相手してもらいました。犬は元気だが飼い主は誰もが寒そうです。

Dscf3240

Dscf3228

公園に着いたら辺り一面真っ白になっていて、こなつは大はしゃぎで飛び回ります。

先代のマロも雪が大好きだったけど、犬はみんなそうなのかもしれませんね。

Dscf3233

木陰でしばし雪を避け、ウンをさせようと思ったけれど、こなつは雪で気分がハイに

なっていたのか、しそうな素振りも見せないのでこれでお散歩終了。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さて、一夜明けて今日は「湘南プチ犬親会」だったのですね。

残念ながら今日は仕事なので参加できませんが、新たな赤い糸が見つかりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

ほんの小さな支援ですが

最近は、一昔前に比べて犬や猫のための活動をしている個人や団体が増えているなと

感じます。とても喜ばしいことですね。

我が家で先代のマロを飼い始めた頃は今ほどではなかったと思いますが、

その当時から毎年通い続けているペンションが Living-with-dogs.com の加盟店で、

こんなステッカーを売っていた。

Dscf3207

1枚500円ですが、その団体の活動資金になるそうなので購入して車に貼っている。

ほんの僅かですが、何かの役に立てばと思って。

さて、今日は遂に雪が降り始めました。今の感じでは積もるまではどうかな?

こんな降り方です。

こなつはというと、庭駆けまわる よりも 部屋でぐーたらの方がイイみたいで

Dscf3193

たたんだ布団の上で、こんな調子です。

では、この寒さを吹き飛ばすような夏の動画です。

昔のですがダイビングに熱中していた頃のもの。当時は、ビデオといえばソニーの

ハンディカムしかない時代で、それをハウジングに入れて海に持ち込むので

ビデオカメラだけで20kg近い重さだったのです。

良き時代でした。

BGM : Sarah Vaughen & Take 6   /  「 Stembro 」 

ブラジルのウェディングソングだそうです。 全然それっぽくないですが、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

今夜は雪になるのだろうか

一昨日の夜のこと。その日は夜から雪が降って翌朝は関東南部でも5cmくらい積もると

天気予報で言ってたのでマイカー通勤の私(エコな生活じゃなくてスミマセン!)は、

夜8時頃スタッドレスタイヤを持ち出し、タイヤ交換をした。

この作業を近所のガソリンスタンドに依頼すると、タイヤ1本分で2500円もするので、

ある時期から自分でやることに決め、工具も揃えた。

Dscf3179

右のは電動レンチ。ナットの締めつけ・緩めもこれでラクラク。 左はジャッキですが

車に備え付けのはちゃっちくて安定が悪いので、これもガッチリしたのを購入。

Dscf3182

Dscf3183

そんな所の匂いを嗅いでも食べるものは出てきません!(笑)

Dscf3188

お邪魔虫のこなつは、あっちウロウロこっちチョロチョロ、、、。

途中、うっかりタイヤとホイールシャフトの間に親指を挟んでしまうというアクシデントが

あったものの、それにもメゲず無事交換終了。

Dscf3181

そんなケガをしてまで交換したのに、朝起きたら雪が降った形跡など見当たらない・・・。

こんな時くらいは降ってくれよと思ったのでした。

今夜も雪という予報ですが、どうなんだろう。今、外を見る限りでは今夜もハズレかな。

Dscf3166

毛をカットしてすっきりしたら、こなつばぁばに 「こなつちゃん、案外細いのね」 と

言われたそうです(笑)。 昨夜こなつママから報告がありました。

車ついでに、我々世代には懐かしいのをどうぞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

シャンプー&カットでスッキリの後は

いつもの動物病院でシャンプー&カットをしてもらい、スッキリこなつの完成です。

先生から、あんまりカットし過ぎるとまだ散歩のとき寒いからとアドバイスされ

なるほどその通りなので、今回は少なめに梳くのと不揃いな部分を見栄え良く、

という程度で済ませました。

こなつパパは今日は休みなので病院を出た後、少し早いけどたっぷり散歩をしようと

七里ガ浜に向かって出発!

Dscf3089_2

天気予報では今日は寒いと言っていたが、むしろポカポカ暖かいくらいで

浜辺から見る江の島も春霞に包まれたようにぼんやりと見えています。

これならカット後の寒さを心配しなくて大丈夫、と浜辺に下りると砂もすごく温かい。

こなつも気持ち良かったと見えて、砂の上で特大てんこ盛りのウンをしましたよ(笑)。

浜辺を歩いた後は江の島へ向かい、今度は江の島から眺める七里ヶ浜の写真。

Dscf3135

画面の右 1/3 くらいの所が七里ヶ浜。正面に見える丘の向こう側には広大な森が

あって、こなつの家はその森の先のほうにあります。

今日は写真を沢山撮ったので例によってスライドにしてみました。

またかぁ・・・  なんて仰らずにご覧ください!(笑)

BGMは

Earl Klugh (アール・クルー) /  Sudden Burst of Energy  より 「 Maybe Tonight 」

Dscf3159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

白内障その後

今日は朝からこなつがシャンプー&カットに行っていて午後まで帰ってこないので

また後でこなつの話はUPするつもりです。

なので白内障のその後について少々お付き合いください。

手術前の私の裸眼視力は左右どちらも0.07くらい。つまり視力検査のいちばん上の

大きな字も全く見えない状態だった。11月の左目手術の際、先生は視力が0.3くらいに

なるような水晶体レンズを使用したのですが、それは、将来右目もやる可能性が高いので

そのときに両目が0.3になれば便利だろうという判断で、私も納得でした。

そして現在、右目0.07、左目0.3で、それに合わせて眼鏡を作ったのだが、問題は

左右差がありすぎて遠近感が乏しくなってしまい車の運転には危ないという事です。

そこで先生と相談し、右目が0.3になるようなコンタクトレンズを使い、それに合わせた

眼鏡を使うのがベストという事になった。

Dscf3076

そして作ったのがコレ、ソフトコンタクトの1DAYアキュビュー。コンタクトは学生のとき

以来だから実に30数年ぶり。当時はハードレンズだったので、今回のソフトの大きさに

慣れるまでは装着がうまくいかなかったけど、使ってみると遠近感も戻り、視界もクリアー

で大満足。お肌のシワまでクッキリ見える!?(笑)。

とりあえず、こなつの写真を1枚だけ

Dscf2021

このベランダもあと2週間で取り壊しになる。朽ち果てても木の感触は捨て難いが

今度のはどうなんだろう、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

2本目のフェッチ

昨年の夏頃に買い与えたフェッチがこんなに小さくなってしまったので

2本目を買ってきました。

Dscf3069

昨夜ひと晩齧っただけですがもうこんなに傷だらけ。犬の牙は凄いなと改めて実感です。

去年は最初のうちはフェッチにあまり興味を示さなかったけれど、確か秋ごろから急に

噛むようになったと思う。

こんな噛む力で家具をガリガリやられたら、ひとたまりもないのがホントに良く分かるので

「お願いだからこっちで発散して!」と言いたくなりますね。

Dscf3070

新旧2本並べたら何故か古い方にとびついた。こっちの方が慣れてるから?

Dscf3074

しかし小さい方では齧りにくいと見え、すぐに新しいのに取り替えガリガリやって

床一面に木屑が飛び散り始めた(笑)。

Dscf3053

満足した後は、スッキリいい顔を見せてくれていました。

Dscf3047

昨夜、久しぶりに雨が降り、朝の散歩に出ると家の前の道路は雨の跡が残ってた。

夜の間にひと雨降って朝には上がっているというのは理想的なパターンだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

冬毛が抜けてきた

4本足の動物たちは秋の終わり頃から冬支度として冬毛が生え始めます。

冬毛が生え揃うと毛艶がなくなり見栄えも悪くなるというのは、馬で学んだ事でもあるけど

こなつのその冬毛が抜け始め家の中をフワフワ舞うようになりました。

Dscf3051

Dscf3059

こんな感じなので掃除機をかけてもかけても家の中は毛だらけです。

そこで、しばらくぶりにファーミネーターの登場。

Dscf3065

パパが押さえてママが梳く

Dscf3066_2

2~3回、サッサッと梳くだけでこんなに取れます。

こなつは「何をするのよ!」って暴れまくりますが、パパがガッチリ押さえこむこと5分。

Dscf3067

仕上げにローラーで背中をコロコロやって完成です。

夕方にはまた同じ状態になってしまうのもミエミエですが、それでもこれを繰り返し

やるしかありませんね。

先代のマロとは毛質が違い、こなつの方が柔らかくて舞い易いようなので

ママは寝ているときにこなつの毛が鼻に入って息苦しいとボヤいてました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ただつらつらと書きなぐりですが

今日は暖房も要らないくらい暖かく、ポカポカしてこなつも眠い(笑)

Dscf3038

こなつは朝から居眠りばかりしています。

このときはデジカメの電源入れる音で目が覚めてしまったけど・・・

Dscf3035

こんな日は外の空気に当たった方が良さそうだし、ベランダでこなつの相手を

することにしようと思い立ち、外に出てみるとやっぱり気持ちいい。

Dscf3036

このベランダは15年が経過した。初めのうちは数年おきに自分で防腐塗装を施すなど

手を加えていたけど最近はサッパリ。写真にも写ってるけどデッキ材がもうボロボロに

なってしまい、壁に喰い込ませてある部分が雨漏りの原因にもなってきたため、今月

このベランダを作り直すことにした。

木粉を固めて樹脂と合着させた材料が手入れ要らずだし、木製の雰囲気もあるとの

業者の推薦だったのでそれに決め、色をどれにしようか思案中。

Dscf3042

こんな感じ。多分いちばん左の濃い茶色になるでしょう。

しかし予定外の出費だ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

アイコンタクトと言えるのか

運転中にバックミラーを見たらワンコと目が合った、なんてことありませんか?

こなつはジムニーのときは後部座席、1BOXのときは2列目シートが自分の居場所に

なっているので、バックミラーを覗くと時々「おぅ、、元気かい?」みたいな事があります。

ただそれだけの事だけど、一瞬、無言の会話が成立したみたいで楽しいものです。

この日もそうだったので信号待ちのときに写してみました。

Dscf2899

Dscf2896

肝心な写真がピンボケになってしまいましたが、こういうのも以心伝心のひとつだろうし

ワンコの居る生活の小さな楽しみかもしれません。

さて、節分の様子です。

先代マロベエはこんな風に活躍してくれましたが

610

こなつはどうしようかと考えた挙句、こうなりました。

          

         ↓

         ↓

角の生えたこなつの完成で~す!

Dscf2992

女の子ですから、やっぱ角ですよねぇ。(笑)

でも、こなつはまだおこちゃまだから角も小さい・・・

Dscf3003

う~む、似合ってるんだか似合ってないんだか分からないけど、可愛いね。

でもこなつは食いしん坊だから豆まきを始めたら、、、

Dscf3001_2

お豆を食べるのに一所懸命で、鬼の役目を果たすどころか

歳の数の何倍ものお豆を食べてしまいました(笑)

Dscf3004

満足まんぞく・・・

そのあとの夕飯は、我が家でも恵方巻とイワシ

イワシが3匹焼けてるのは、もちろんこなつの分が1匹です!

Dscf3027

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

予防接種してきました

昨日、動物病院から予防接種の案内ハガキが届いたので行ってきました。

今回はパルボワクチンです。

こなつは、まだ病院にはイヤな想いが無いと見え、スキップするように自ら入って行きます。

ところが診療台に乗せられると先生が怖いのか、だんだん後ずさりして台から落ちそうに

なり、先生に笑われてしまいました。でも注射には怖がる素振りも見せず無事終了。

今日の体重は15,1kg と、前回からほとんど増えていませんでした。そろそろこれで

落ち着きそうですね。

心配した肥満のほうも先生の触診によると、「このくらいならまだ余裕があるから大丈夫。

この骨格だと20kgくらいになる子もいますよ」とのことでした。でも、もう増えないで!(笑)

病院から出た所で、ご近所のマメ太くんと偶然会いました。

Dscf2965

こちらのお宅は数年前までシェパードを飼っていて、マロと仲良しだったのですが

こなつのことを「(そのシェパードの) ロンとよく似てる!」と可愛がってくれます。

やっぱりこなつにはシェパードが入っているのかもしれません。(私の願望でもあり、、、)

Dscf2972

マメ太くんはこんなに可愛いトイプードル

そして今朝の散歩ではまたまたお友達ワンコに出会って大はしゃぎのこなつでした。

Dscf2976

白ラブのモナカちゃんです。一見すると、こなつよりほんのひと回り大きいだけですが

体重は30kg だそうで、病院の先生の言われるようにこなつは「この骨格なら20kgでも」

というのも本当だなぁと感じます。

Dscf2977

するとそこにバーニーズのアッ君が登場。こなつとモナカちゃんが騒いでいるのを

聞きつけて、やってきてくれました。アッ君は威風堂々の50kg超級なのです。

Dscf2982

こなつは、アッ君と同じくらいアッ君ママが大好きで、こんな風にジャレついて行ける

数少ない貴重なお方なのです。

Dscf2991

朝からこんなに良い事ばかりで、こなつにとって今日はいい一日になりそうだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

やや脱線気味に話は進む

今日はコレ!という面白い話題がありませんが

敢えて上げれば、また一つゴムボールを噛み千切ったくらいでしょう(笑)

Dscf2953

去年の7月からこのブログを始めて6ヶ月が過ぎ、こなつの1歳の誕生日も近づいてきた。

我が家に来た当初には週刻みでこなつがどんどん成長し、変化していく感じだったが

ここにきて変化も緩やかになり、写真もあまり変わり映えがしなくなったように思えます。

ブログがマンネリにならないように、コレといった話題の無い日は少しずつ違う話題も

取り入れながら、これからもできるだけ小まめに更新しようと思っています。

なので手始めに、趣味の音楽ネタから

私は小さい頃から音楽が好きで、幼稚園に入る前から父親のSPレコードを聴いていた。

いわゆる蓄音機というヤツの78回転/分で聴くアレである。その後、ヤマハのピアノ教室

に通い、中学時代にはビートルズ・ベンチャーズにのめり込みエレキ小僧になった。

その頃からクラシックも聴くようにもなり、初めて買ったレコードは指揮者カラヤンの

全盛期の「田園」だった。

そんな下地があって今日に至るのですが、最近はもっぱらクラシックとブラジル音楽

(ボサノヴァ・サンバなど)が中心になっている。これから少しずつ話題に取り上げますが

今日はコレ。

G・ガーシュイン作曲  「ラプソディ・イン・ブルー」 の後半途中からですが

小澤征爾指揮  ベルリンフィル  Jazzセクション:マーカス・ロバーツ・トリオ

小澤さん+マーカス・ロバーツは生で聴いたけど、良かった、、、。

音楽には美しいメロディが不可欠、というのが自分の信条なので

そういう路線でときどきやります。

もちろん、こなつネタが最優先ですけどね。

Dscf0640

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

朝からハイテンションのこなつ

サッカーはアジア大会が終わってもまだ何だかんだと盛り上がり続けてますね。

一ファンとしては楽しい限りですが、終わった後で気が付いたことがありました。

それは、こなつにサポーターのユニフォームを着せようと思って通販ページをチェックして

いたのに申し込むのをすっかり忘れてたことでした。 次のW杯までお預けかな・・・

さて、散歩と朝ご飯が終わって、いつもならひと眠りのこなつですが今朝は元気一杯。

Dscf2933

遊ぼうよ、遊ぼうよと誘ってきます。

Dscf2942

テニスボールを咥えて持ってきて、遊んでと催促するので

ちょっとだけお相手してボール投げです。

Dscf2944

何回やっても飽きないこなつ。

ただ、ボール持ってきてすぐ渡してくれればいいのに、私がボールに手を伸ばすと

ガウガウ言って咥えたまま放さない。それをまた楽しんでいるのか、なんだかこっちが

遊ばれてるみたいです(笑)。

Dscf2950

遊ぶこと10分、ようやく満足したような顔です。

今日は長いお留守番だから、よろしくね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »