« 油断も隙もありません | トップページ | あと1日で夏休み »

2010年8月10日 (火)

マロの遺骨を納めてきました

鎌倉・材木座にある光明寺

Dscf0104_2

ここには湘南獣医師会の先生方の結束により建立された動物霊堂があります。同会の医院に

お世話になっていたペット達が不幸にして亡くなった場合には、ここに納骨して供養して頂ける

ということでスタートしたけれど、最近は一般からの要望が多くなり、その他のワンニャン達も

入れるようになったそうです。

マロはたまたま会員の先生が主治医だったのですが、このことは最近知りました。

Dscf0103 

毎月1回、10日だけが納骨日と決まっていて、今日は心配された天気も回復し20組ほどが参加。

2時から合同での読経が始まり、無事、納骨が終わりました。

昨日までは家にお骨があったけど、これで本当に居なくなったという一抹の寂しさも感じます。

でも我々がその寂しさを感じなくて済むように、マロがこなつを連れてきてくれたんだと思うと

マロには感謝しないといけないですね。

それと同時に、こなつをマロ以上に幸せにする事が、マロからの要求でもあるのだと思う。

Dscf0119

Dscf0121_2

ここ、光明寺は境内にネコちゃんが沢山いるお寺で、今日は暑いせいか3匹しか見当たり

ませんでしたが、こんな感じでくつろいでいるんです。のんびりした感じがいいですね。

Photo

最後に、

↓は、このブログを開始した直後にアップしたマロの画像なので、ご覧になった方も多いかと

思いますが、もう一度、マロを偲んで貼り付けさせていただきます。

安らかな眠りを、、、そして出来る事なら、今度は友人として再会しよう!

|

« 油断も隙もありません | トップページ | あと1日で夏休み »

音楽動画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして☆ミルクママさんのブログでこなつちゃんのファンになり、マロ君の動画を見て感動して、いつもこちらのブログを見させていただいておりました。再度マロ君の動画を見たのですが、また感動してしまいました。。。マロ君もこなつちゃんもとっても可愛いです!ブログ楽しみにしています。

投稿: バルまま | 2010年8月10日 (火) 21時14分

 小さい頃のマロベー君、こなつちゃんにそっくりじゃないですか!! スリッパかじってるところまで一緒。こなつちゃんはマロベー君の代わりにやってきたってことが実感されますね。マロベー君が幸せいっぱいにご家族と過ごして生きたようにこなつちゃんもきっと幸せな一生を送っていくのでしょう。

投稿: Anne mama | 2010年8月10日 (火) 22時24分

納骨お疲れ様でした。
一区切りといったところでしょうか。
立派なお寺さんですね。こういうところまだ、少ないんじゃないでしょうか。
うちの先代の2頭も清水のお寺のペット霊園に骨をおさめました。

まろ君以上にこなつを幸せにと言っていただけ、こなつは幸せです。
アルバム、やっぱり泣けてしまいました。

投稿: ミルクママ | 2010年8月10日 (火) 23時27分

バルままさん
はじめまして、コメント有難うございます。マロの動画は、作った本人である私や家内も見るたびにジーンときてしまい、マロは本物の家族だったと改めて感じます。そういう所に飛び込んできたこなつも本当は大変な筈ですが、こなつはあっという間に家族の心を捉え、既に一家の中心になっているのは大したものです。これからも宜しくお願い致します。

投稿: こなつパパ | 2010年8月11日 (水) 00時58分

Anne mama さん
いつも有難うございます。こなつを探すとき、マロベエとは似てない子を探すつもりだったんですが、我が家はやっぱりああいう顔が好きみたいで結果的には似た子になってしまったみたいです。外見は似ていても内面は全く違うので面白いのですが、ブログだとどうしても写真がメインになるので、そういうところを上手くお伝えできませんが、これからも宜しくお願い致します。

投稿: こなつパパ | 2010年8月11日 (水) 01時10分

ミルクママさん
今日、光明寺に行ってみて、想像してた以上に湘南獣医師会はペット達のための活動を真剣にやっていることが分かりました。こういう団体供養は昭和37年から続けているそうで、動物霊堂も先生方がお金を出し合って作られたとの事でした。ウチの先生を見る目が少し変わりました(笑)。マロのアルバムは、そう言っていただけると嬉しいです。

投稿: こなつパパ | 2010年8月11日 (水) 01時21分

こちらは普通のお寺さんに動物の霊堂があるのですね。ペット霊園はよくありますが、このようなような所もあるんですね。ありがたいですね。
手元から離れてしまうのは確かに寂しいですよね。我が家も今年の2月に亡くなった愛犬のお骨はまだ手元にあります。
未だに時折抱きしめて寂しさを訴えてしまいます。早く静かに眠らせて!!と言われていると思いますが・・・。
私もきっとまたいつか会える日が来ると信じています。

代わりの子なんていません。同じ子はいません。どの子も、その子自身の存在が愛おしいです。
マロ君以上でも以下でもなく、マロ君と同じようにこなつちゃんを愛してあげてください。
マロ君がとっても幸せだったから、こなつちゃんを連れてきてくれたんだんだと思います。
動画またまた泣かせていただきました。

投稿: とらくま | 2010年8月11日 (水) 01時28分

とらくまさん
有難うございます。本当に、代わりの仔なんていませんよね。昨日の納骨のときには、マロのお塔婆が真中に置かれたとか、マロの骨壷の絵柄がいちばんカワイイ、などと喜んで、飼い主バカぶりを発揮してました。今は、こなつが私達を信頼し頼ってくれるようになりつつあるのが嬉しく、マロと同じような存在になることは間違いないです。毎日が本当に楽しいですよ。

投稿: こなつパパ | 2010年8月11日 (水) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1387962/36088444

この記事へのトラックバック一覧です: マロの遺骨を納めてきました:

« 油断も隙もありません | トップページ | あと1日で夏休み »